訪問介護のリスクマネジメント

【在宅介護のリスク】

リスクを軽減できる要素

−手すりや福祉用具をご利用者に適合することができる。(施設では、個々の入居者・利用者に手すりの高さを合わせることができない。また福祉用具も専用ではないので、全てを適合させることは難しい。)
在宅では移動に際しても、ご利用者自身が要領を得ている。(逆に、ケアする側のケガも決して少なくない。)

リスクを高める要素

在宅でのリスクを減少させるヒント