訪問介護のリスクマネジメント

【在宅介護のリスク】

リスクを高める要素

−基本的に1対1のケアなので、緊急時に第三者に手を貸してもらえない。

−相手の庭なので慣れるまで勝手がわからない。家の構造がわからない。どこに何があるかわからない。

−閉鎖性があることで、適正なケアをしていたことを証明しずらい。
ご利用者がケガをした時など、家族からケアしていた側の全面的な過失を問われやすい。あるいはケアの質を問われやすい。

リスクを軽減できる要素

在宅でのリスクを減少させるヒント