※あいマックスメンタルヘルス研究センター発行『お年寄りのこころ学』より

 

ああ、困った。うちの母親、認知症かも。
何と言って病院に連れて行けば良いの?

 

 自分のお母さんやお父さんが、もしかしたら認知症・・・?もしやという思いがぬぐってもぬぐってもまた頭に蘇ってくるとき、それは大きなストレスとなってくることでしょう。できれば、自分の親が認知症だなんて、誰だって認めたくないことです。
 やっとの思いで受診を決意したとします。まず、どこの病院に行けばいいのか戸惑います。
認知症の患者を診療する主な診療科は老年精神科や神経内科など認知症を専門に診察してくれるところです。ちかごろは、もの忘れ外来を開く病院も増えています。
 はじめての受診は家族にとってもとても勇気のいることでしょう。適当な病院や診療所がみつからない場合は、地域の保健所などで情報提供してくれることもあります。また、内科などにかかっているのであれば、その先生に相談して専門医を紹介してもらうことも良い方法です。
 次に問題になるのが、親に何と言って、病院に連れていくかということです。ここで、ほとんどの方が大きく悩むことになります。親本人は自分が「病気かもしれない」などという意識がないからです。
 親のプライドを傷つけないように、受診してもらうにはどのような方法があるでしょうか。
 まずは、おかあさんに正直にもの忘れがひどいことを説明し、「もっと悪くなるといけないから、病院で一度診てもらいましょう」と話しかけるのがよいようです。その際、「もの忘れは病気からくるもので、治るかもしれない」ということを話します。
このときくれぐれも、怒鳴ったり、「認知症」をばかにしたりしないでください。怒鳴ってもよけいにおかあさんのこころを頑なにさせてしまうだけで、何もいいことはありません。この時期、お年寄り自身も、自分のもの忘れに苛立ち、不安に思っているので、「もの忘れを治しましょう」という態度を強調すれば、おそらく承知されることでしょう。
 でも、それでも受診を嫌がるお年寄りもなかにはいます。そのような方には、なにか身体的な病気を理由に、「おかあさんにはずっと元気で居て欲しいから、健康診断を受けましょう」などと、他の理由で受診を促してみましょう。
こういうことが将来起こることも想定し、現在は元気にしているお年寄りにも、年1〜2回、健康診断を受けることを慣習化しておくことをお勧めします。


そもそもストレスってなんですか? みんなどうやってストレスを解消してるの?
ああ、困った。うちの母親、痴呆かも?何と言って病院に連れて行けばいいの?

自分の親が痴呆と診断されたことを配偶者に切り出せない